就職

2015年11月20日 (金)

新TOEICだと?

 来年5月からTOEICの出題方式が新しくなるとのこと。

10年振りに改訂する「新TOEIC」攻略のツボ

 まずい。前回のTOEIC、まぐれで850点越えしたのに新方式では下がるかもしれない

 役に立ったらクリック↓

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

2015年11月16日 (月)

離職率の753

 厚生労働省が10月末まとめた、新規学卒者の離職率調査

 学校を卒業した後就職した若者が3年以内にどのくらい辞めるかグラフになっていて、こんなに辞めているのかと驚く。中卒が7割、高卒が5割、大卒が3割辞めることから「753」と呼ばれているそうだ。

 業種ごとに離職率が違うのだが、宿泊業・飲食サービス業が特に高い

 就職ってギャンブルに近い。いくら外から観察しても、入ってみるまでは自分に合うかわからない。お互いのためにもっとインターンが普及すれば良いと思う。

 エンジニアはもともと会社への忠誠心が低いので、腕さえあれば次の会社が見つかるくらいに雇用が流動化して欲しいと思うし、社会全体もそうなって欲しいと思うんだけど、今は辞めると次の良い職が見つかりにくいから難しいよね。

 役に立ったらクリック↓

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

2012年12月30日 (日)

年1回停電の日

 1年前に電気点検でサーバが停止したのが、ブログの初エントリだった。

 あれから1年、今年も電気点検がやってきた。

 会社中の電気が数時間止まるので、嫌でもサーバーを全て落とさなくてはならない。
今まで正常に動いていたのだから、一度落としても正常に立ち上がるはず。でも素直に
立ち上がるくらいなら、システム管理者も苦労しないのだよ

 午前中1つめの事業所で停電立会い。電気復旧後に動作確認をするのだが、午後1時
から次の事業所の停電が待っている。確認に使えるのは約1時間。トラブルがあっても
直す時間が無い。時間に追われながら必要最小限の確認をして、無事次の事業所へ。

 2つ目の事業所も無事停電が終わり、サーバーの電源を投入したのだがどうも動作が

おかしい。1つめの事業所とのネットワークが切れてる。サーバーに入れないパソ コンも
ある。この事業所でも確認に使えるのは1時間。直せるかー、そんな短時間で

 悪戦苦闘したが時間切れ。大晦日に再度出勤して直すことになった

 システム担当者はシステムが止まらないように誰も働かない時間に働いたり、少しでも
安定して動くよう勉強を重ねたり、まさに縁の下の力持ちとしてがんばってるのだが、
縁の下だけに関心がある人にしか気づいてもらえない

 その逆に不具合があった時は、利用者にすぐわかってしまう。すごく損。

 うちの社長や役員なんかも動いて当たり前だと思ってるんだろうな。

 あなたの会社のシステム管理者も日夜がんばってるぞ。
 たまにはねぎらいの言葉をかけてあげて欲しい

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

2012年7月22日 (日)

Outlookが送れないメールアドレス

 先日のこと。

 総務課長 「ちょっと、よわごしくん。」
 よわごし 「何ですか?」
 総務課長 「出向者の携帯にメールを送ったんだけど、一人だけエラーになっちゃうんだよ。」
 よわごし 「user not found. あて先のアドレスがないってことですね。」
 総務課長 「でもね。このアドレスからメールが来てるんだ。」
 よわごし 「そうですか?じゃ私のパソコンから送ってみます。・・あ、送れた。
  私のOutlookExpressからは送れますね。
  じゃOutlookから・・あ、ダメだ」

 @の直前に"."があるアドレス、"."が連続するアドレスはOutlookからは送信できない。
 (例) yamada-taro.@docomo.ne.jp
    yamada..taro@docomo.ne.jp

 このルールはインターネットの規格RFC2821で決められていて、Outlookが悪いのではなくこのアドレスをユーザーに許した携帯会社が悪い。ちなみにWindowsXP付属のOutlookExpressは送信できるが、その後継となるWindows7付属のWindowsメールはこのアドレスに送信できない。

 2009年にドコモとauのシステムに変更があり、現在はこういったメールアドレスが取得できなくなっている。

 以前からこういったアドレスを見るたびイラッときてたのだが、そういうことだったか。

 就活でこんなメールアドレスを使ってる人は大事なメールが届かなくて困るんじゃない?

 早めにアドレスつけ直したほうがいいよ。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

2012年2月 5日 (日)

システム管理者の仕事(2)

 情報システム担当者についての経営者の見方は2種類。

 ①金がかかるだけで何をやってるかわからない奴ら。

  質問すると面倒なことばかり言って会話にならない。

 ②思ったことを実現してくれるドラえもんのような頼りになる奴ら。

  彼らなしではこの会社は立ち行かない。

 ①のパターンはひどいですねぇ。②のパターンはなんていい人たちでしょう。


  なんてね。

  ①と②のシステム担当は同じ人たちだと思いますよ。

  経営者がどう接するかで①にも②にもなると思います。

  彼らは会社の役に立とうと思っています。

  だってそうでなきゃこの仕事してる意味が無い。

  彼らの仕事に興味を持って下さい。


  何か嫌な事でもあったかって? ハハハ。。。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

2012年1月21日 (土)

システム管理者の仕事

中小企業のシステム管理者を仕事にして約20年になる。

僕はどんな仕事をしているのか説明してみたい。


うちの会社は製造業。社内には100台ほどのパソコンと10台のサーバーがある。

その全てを僕と部下の2人で見る。

パソコンに関する限り、全ての問い合わせを受け付ける。

パソコンの修理、ネットワークの配線。プログラムの製作。サーバーの運用。できる事は全てやる。


この仕事をやって良かったと思うのは、頑張るほど同僚の仕事が楽になり

喜んでもらえること。自分の会社の効率化に継続的に貢献でき、仕事次第では

会社の仕事の進め方まで変えることができること。


この会社に入る前はベンダーのSEとして働いていた。

ベンダーの社員はいくら思い入れを込めシステムを作っても、そのプロジェクトが

終われば関係が薄くなる。実際にどう使われ本当に役に立っているのか、

現場を見ることも難しく、使い勝手の悪さがわかってもユーザーの要求がない限り

直すことは難しい。

現場の反応を見ながらシステムを自分の意思で作っていけるのが、システム担当者の

仕事の面白さ。


ただその会社がITにどれだけ理解があるかで、システム担当者の苦労の仕方が変わる。

それについては、また次回以降に。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

2012年1月 6日 (金)

就活エントリーのメールアドレス

うちの会社のホームページにもエントリーシートがあり、学生さんが時々登録する。

いろんな学生さんがいるのだが、その中で1件のエントリーが目に留まった。

アドレスが「a-a.yan.natta@yahoo.co.jp(実際のアドレスとは少し変えてあります)」。

おいおい、何だこのアドレス

やる気の無さそうな名前の上にフリーメールじゃないか・・

総務課長に「何ですかね。このやる気のないアドレス。」と聞いたら笑っていた。

普通エントリーシートの入力内容は気にしないのだが、こんないい加減なアドレスはNG。

考えてみて欲しい。普通採用担当者はエントリーした学生の一覧表を作る。

そこに載る項目は氏名、学校、学科、携帯番号、メールアドレス、住所。

採用担当者は採用が終わるまで、そのシートを使う。そして採用の最終段階では

役員が面接に出てくる。

担当役員「総務課長、明日の面接だけど学生の一覧をもらえないか」

総務課長「かしこまりました。明日は10人面接です。」

その大事なシートにエントリーしたメールアドレスが載っている。

いい加減なアドレスがNGなことはわかるはず。

その上フリーメールはメールサーバが落ちても責任はないし、スパムが多いので

大事な就活にはお勧めしない。

学校やプロバイダで使ってる普通のアドレスでエントリーして欲しい。

コメント欄は大体の学生さんがおかしいので、気にならない。

社会に出てないから仕方ないよね。

コメント欄は一所懸命書いてあればOK。よろしく


にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村